「注文住宅を建てるのならば工務店」は嘘?

「注文住宅を建てるのならば工務店」ぐらいの神話的イメージがありますけれど、本当に「工務店によりき」だったりしますからね。少人数経営の工務店は、無条件に良心的かつ仕事が丁寧だというイメージを持つ人もいるようですが、それはもう本当に一概には言えないのです。

ひっどい工務店もありますからね。かなり年配の大工さんとその息子が社長になってやっているような工務店もまあ工務店なわけなのです。他の社員はお嫁さんだったりお母さんだったりと、書類上だけなのかも知れませんけれど、まさに家族経営な工務店で。

けれども「熟練の職人技がー」なんて、マイホームを建てる前にはポジティブに考えたりもするわけです。しかし実際にマイホーム建設が始まってみると、なんだかタラタラ動いているような気がしてならずに、非常に不安な展開になっていったりもするわけです。

しかしその一方で、少人数の自転車操業的な工務店もあるわけですが、仕事はきっちり丁寧で、そして対応も良いところはありますからね。ですから一概には言えませんので、「注文住宅だから工務店だ!」と絞らずに、まずはハウスメーカーなども含めたいろいろな会社を見て物件を見て回ることでしょう。